2010年01月14日

琵琶湖で釣り上げ、ブラックバス世界最大認定(読売新聞)

 釣りの普及を図り、釣魚の記録認定を行う「国際ゲームフィッシュ協会」(本部・米フロリダ)は8日、昨年7月に琵琶湖で釣り上げられた10・12キロのブラックバスを世界最大(タイ記録)に認定した。

 釣り上げたのは、愛知県春日井市の会社員栗田学さん(33)。これまで世界最大は1932年に米ジョージア州の湖で釣り上げられた10・09キロだった。2オンス(約56・7グラム)以上の差がないため、規定により、タイ記録となったという。

 琵琶湖の大物は昨年7月2日、生き餌のブルーギルを使って釣り上げたもので、体長73・5センチ。釣り歴18年の栗田さんは、日本時間の9日未明、インターネットで同協会の発表を見た。77年ぶりとなる快挙に「世界記録はずっと狙っていた。そんな魚がいる琵琶湖で釣りができるのは素晴らしい」と話した。魚は剥製(はくせい)にしており、釣り具店のイベントなどで展示するという。(国際部 寺口亮一)

スクラッチ
エストニア語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
posted by キムラ タケシ at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総予算を全面見直し=独法・公益法人の無駄洗い出し−政府(時事通信)

 政府は12日、国の一般会計と特別会計を合わせた総予算207兆円(2009年度当初ベース)の抜本的な見直し作業に本格着手した。11年度予算では子ども手当の満額支給などマニフェスト(政権公約)関連の支出が10兆円規模に膨らむためで、政治主導による無駄削減に改めて取り組む。
 同日開かれた閣僚懇談会で、菅直人副総理兼財務相は全閣僚に対し、各省庁が所管する特会に加え、官僚OBの天下り先となっている独立行政法人や公益法人の無駄を総点検するよう指示。この後の記者会見では「10年予算案の編成は3カ月半と時間的な制約があり、(特会など)制度や組織の問題に深く切り込めなかった。今年が正念場になる」と決意を表明した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

しずおのブログ
l61wrs1oのブログ
即日現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
posted by キムラ タケシ at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。