2010年03月31日

<金賢姫元死刑囚>日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報(毎日新聞)

 拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(71)は27日、大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚について、「(日本政府が)5月にも日本へ招へいする手はずをつけている」との情報があると明らかにした。東京都内であった家族会の総会後、報道陣に語った。

 飯塚代表は、中井洽拉致問題担当相らから得た情報としたうえで「(日本側は)韓国政府の判断や李明博(イ・ミョンバク)大統領の決断を待っているようだ」と話した。金元死刑囚は、拉致被害者の横田めぐみさん(行方不明時13歳)にも「会った」と証言していることが判明しており、中井担当相が招致に前向きな姿勢を示している。

 来日の意義について、飯塚代表は「めぐみさんの新たな事実が分かれば、(運動が)先へのびる。可能なら、集会などで多くの人を前に話もしてほしい」と述べた。【曽田拓】

【関連ニュース】
平野官房長官:中井国家公安委員長を口頭で厳重注意
津波警報:レベルダウン迅速化に言及 中井担当相
中井拉致担当相:「首相は超のんき」朝鮮学校無償化で批判
松田喬和の首相番日誌:実績なくして人気なし
近聞遠見:「シマウマみたいな政党」=岩見隆夫

温水プール建設、ごみ焼却場で爆発8人重軽傷 兵庫・姫路(産経新聞)
前副知事後任に東京事務所長、福岡知事が方針(読売新聞)
傷害を傷害致死に切り替え 裁判員裁判に 東京・江戸川の長男虐待死(産経新聞)
自民、小林氏の議員辞職勧告決議案提出へ(読売新聞)
「虚業集団」企業推理小説の清水一行さん死去(読売新聞)
posted by キムラ タケシ at 02:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)

 厚生労働省と文部科学省は24日、虐待の疑われる小中学生や保育園児について、学校や園が毎月、出欠状況を児童相談所などに連絡するのを求める指針を策定した。東京都江戸川区の小学男児虐待死事件などを教訓にした。

 指針は、ほぼ全市町村に設けられている「要保護児童対策地域協議会」が虐待ケースとして把握している約4万人について、学校や園が月1度、▽出欠状況▽欠席理由▽欠席時の家庭から学校への連絡の有無を、市町村の福祉部門や児童相談所に対し、書面で情報提供するよう促す内容。

 対策協は、自治体の保健、福祉、教育、警察、医療などの関係者で構成。虐待対応の専門機関には都道府県などの児童相談所があるが、市町村は児相と共に法律上の通告先となっている。対策協はより地域に密着した虐待の早期発見・対応の役割が期待されているが、「実際は取り組みに大きな差がある」(児童相談所関係者)との指摘もある。

【関連ニュース】
児童虐待:親権はく奪、35年で31例 児相申し立てで
傷害容疑:5歳長男の足ライターで焼く 継父逮捕 千葉
兵庫5歳児虐待死:継母を傷害致死容疑で再逮捕
児童ポルノ:被害最多 虐待も過去最悪に 09年統計
養育放棄:3割が無職 経済格差も背景

<救急搬送>ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
振り込め詐欺「キング」判決で裁判長が間違い(産経新聞)
爆発 幕末「池田屋」跡地の居酒屋で 3人けが 京都(毎日新聞)
「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)
陳情の野中広務・土改連会長、小沢氏また門前払い(読売新聞)
posted by キムラ タケシ at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

中国毒ギョーザ 天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)

 【北京・浦松丈二】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国国営・新華社通信は26日夜、中国警察当局が製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)=同省=を逮捕したと報じた。08年1月の発覚から2年余り。日中両国の国民感情の対立に発展した同事件は解決に向けて大きく動き出した。

【分かりやすく図やチャートで解説】図説:中国製冷凍ギョーザ中毒事件(2008年2月)

 中国政府は27日未明までに、外交ルートを通じ日本政府に「容疑者の男を特定した」と伝えたという。

 調べによると、呂容疑者は給料などの待遇や特定の従業員への不満を募らせ、気を晴らすために製品のギョーザに毒物を混入した疑い。呂容疑者は容疑を認めているという。また、警察当局は混入に使われた注射器を押収し、周囲の証言を得ていたとしている。

 新華社通信は、中国警察当局の特別捜査チームが「発生から時間が経過し、物証が少ないなどの困難を克服し、ねばり強く、入念な捜査を続けて事件を解決した」と捜査を評価した。

 関係者によると、中国警察当局は、何者かが工場内の段ボールの外側から注射器で農薬成分メタミドホスを混入したとの見方を強め、北京の研究所で裏付け実験を進めてきた。

 ◇工場内で混入で中国公安当局が捜査進める

 事件は07年12月〜08年1月、天洋食品製の冷凍ギョーザを食べた千葉県と兵庫県の3家族計10人が嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴え、9人が入院、千葉県の5歳の女児が一時重体となった。回収品から有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出された。

 日本側による製品の包装、梱包(こんぽう)、流通過程の調査結果や、天洋食品が中国国内で再配布した回収製品で中毒事件が起きたことなどから、中国国内での混入が濃厚とみられたが、中国政府は当初、「捜査中」とするのみで、両政府の意思疎通の不足が両国民の不信感を招いた。

 一方で中国公安当局は再現実験などから工場の冷凍庫に保管された製品に段ボールの外側から何者かが注射器で殺虫剤を注入させた可能性が高いとみて、工場の複数の従業員を長期間拘束するなど、事実上、工場内での混入に絞り、詰めの捜査を進めていた。

 事件は日本国内で食品の安全に対する不信を招き、日中両政府は食の安全に関する閣僚級定期協議の開催など再発防止策を検討している。

【関連ニュース】
【2年前、こんなに多数の食品が回収された】中国製ギョーザ 自主回収商品(2008年2月)
中国毒ギョーザ:中国政府から容疑者逮捕の連絡…外務省
中国製冷凍ギョーザ中毒事件とは
中国製ギョーザ中毒:発覚2年 日中、覚書交換へ 閣僚級定期協議/製造現場立ち入り
メタミドホス、残留基準の1万倍 千葉・市川の母子嘔吐の餃子

普天間移設、複数案提示へ=徳之島移転案も検討−鳩山首相、関係閣僚と協議(時事通信)
自民・谷垣総裁「極めて独裁的」…民主解任方針(読売新聞)
<訃報>吉田玉松さん76歳=元文楽人形遣い(毎日新聞)
平成15年の強盗容疑で男逮捕 顔の特徴で探す「見当たり捜査」で(産経新聞)
沖縄核再持ち込みは「密約」=西山氏ら(時事通信)
posted by キムラ タケシ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。