2010年04月13日

女児虐待死は育児放棄か、去年から体重減少(読売新聞)

 大阪府寝屋川市で1歳10か月の女児が頭を強く揺さぶられる虐待を受けて死亡した事件で、女児の体重が、昨夏から約半年間で1・3キロ減少していたことがわかった。

 府警は、傷害致死容疑で逮捕した父親の無職岸本憲(あきら)(26)、母親の美杏(みき)(27)両容疑者が、食事を制限するなどの育児放棄(ネグレクト)もしていた疑いがあるとみて詳しく調べる。

 府警や寝屋川市によると、死亡した三女・瑠奈ちゃんは昨年7月に同市役所で体重を測定しており、この時は同年齢の平均(約10キロ)より少ない7・5キロだった。

 意識不明で病院搬送された今年1月27日には、平均の半分程度の6・2キロに減っていたという。1〜2歳の児童は脳が大きくなり、体に脂肪がつくため、通常は体重が増えるとされている。

 また、搬送時に見つかった左あごの骨折は、府警の調べで、その約1週間前の負傷だったことが分かった。両容疑者は虐待を否認しているが、治療の形跡はなく、府警は日常的な暴行があったとみている。

キャッシュカード詐取で携帯販売会社社長を逮捕(産経新聞)
賢治の青春たどるHP、母校の岩手大生ら公開(読売新聞)
<公務員改革>新旧大臣が火花 衆院内閣委で審議入り(毎日新聞)
園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
神奈川の駐屯地で結核集団感染=教育課程参加者10人発症−陸自(時事通信)
posted by キムラ タケシ at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。